施行の流れ

手順1

ターミダンシート施工の流れ1割栗地形をして目潰し砂利を敷きプレートランマー等で充分に転圧する。特に木片は注意して取り除いておく。

手順2

ターミダンシート施工の流れ2シートを長手方向に敷く。シートのカットは鋏、カッターで行なう。

手順3

ターミダンシート施工の流れ3専用テープで10cmの重ね代で張り合わせる。

手順4

ターミダンシート施工の流れ4地中梁等の凹凸にもしなやかに対応します。

手順5

ターミダンシート施工の流れ6周囲を捨コンで止める。

注意点

  • シロアリは管を伝わって侵入してくるので配管部分が侵入箇所となる。配管の目地は防蟻フォームでメジ処理を行う。
  • ボール紙ボイドは大好物である。必ず除去してから防蟻フォーム目止めする。
  • 型枠固定金具が出ていると腐食して穴が開き、そこから侵入してくるので防蟻フォームで目止めする。
  • 基礎水抜き穴はシロアリの進入路となるので必ずふさいでおく。
  • 基礎外断熱工法はTBボードを使用する。
  • シロアリ損害賠償保証申請は所定の用紙で申請し必ず施工写真を添付する。

ターミダンシート施工の材料ターミダンシート付属品
「ターミダンテープ」0.1×60m
「防蟻フォーム」400ml

ターミダンシート施工の流れ:注意点1
ターミダンシート施工の流れ:注意点2
ターミダンシート施工の流れ:注意点3
ターミダンシート施工の流れ:注意点4

シロアリ対策・防除のターミダンシートのお問い合わせ・ご相談

お問い合わせ・ご相談は、お電話またはメールフォームにて承っております。お気軽にご連絡ください。

メールでのお問い合わせにつきましては、回答をさしあげるまでにお時間をいただくこともございます。お急ぎの場合はお電話にてご連絡くださいませ。

ターミダンシート取り扱いのワイズイノベーションへの電話番号

お電話でのお問い合わせ

[受付時間]平日 9:00~16:30 土日・祝日定休

メールフォームはこちら