天然防虫菊のシロアリ防除剤

天然ピレトリンMC「ES」

主成分は除虫菊(和名:シロバナムシヨケギク)です。夏にマーガレットに似た花を咲かせる除虫菊は、殺虫成分であるピレトリンを多く含んでいます。ピレトリンは、人間などの哺乳類には毒性が低く、日本では昔から香取線香の材料として使われてきており、世界でも殺虫剤用に多くの地域で栽培されています。

天然ピレトリンMC「ES」は天然物で唯一、公益社団法人日本しろあり対策協会と公益社団法人日本木材保存協会で認定された薬剤です。人の健康と環境にやさしいだけでなく、“ピレトリン”をマイクロカプセル化して残留性を確保し、長期的に効果が持続します。

※主成分は天然成分ですが製剤化する過程で界面活性剤やマイクロカプセルの樹脂成分などが含まれております。

製品:天然ピレトリンMC「ES」の特長

  • 世界で初めて、土壌と木部の両用途に対応する天然防虫菊のシロアリ防除剤が生まれました。
  • 防虫菊の花から抽出したエキスを防蟻成分としていますので、人に優しく環境にも優しいシロアリ防除材です。
  • 天然防虫菊エキスをマイクロカプセル化して、残効性を確保しました。
  • 公益社団法人日本しろあり対策協会認定薬剤(木部処理用:第7296号・土壌処理用:第3476号)
  • 公益社団法人日本木材保存協会認定薬剤(木部処理用:A-5395・土壌処理用:A-4212)
  土壌処理用 木部処理用
名称 天然ピレトリンMC「ES 」 木部用 天然ピレトリンMC「ES 」
希釈倍率 100倍 20倍
処理量 土壌面状処理 3L/㎡
土壌帯状処理 1L/m(20cm幅)
吹付または塗布処理 300ml/㎡
穿孔注入処理 適量/td>
包 装 1kg×4本 1kg×10本
有効成分
(製剤)
天然除虫菊エキス(ピレトリン)10%
(マイクロカプセル製剤)
天然除虫菊エキス(ピレトリン)2%
(マイクロカプセル製剤)
ヘキサコナゾール6%(水懸濁剤)
急性毒性
(mg/kg ラット)
経口>2500:経皮>2000 経口>2500:経皮>2000
認定番号 白対協 第3476号:JWPA A-4212 白対協 第7293号:JWPA A-5395

使用方法

木部用

20倍に希釈して1㎡あたり300ml塗布、散布して下さい。

土壌用

水で100倍に希釈して使用する。全面処理3L/㎡  帯状処理5L/㎡

その他

コンクリート面に処理する場合は、1㎡あたり1Lとし、土壌処理の時よりも3倍高濃度にして、基礎内側の垂直面全体及び布基礎内側の立ち上がりから20 cmの幅に処理する。

※動力噴霧機で散布する場合はコチラから
※手動噴霧器で散布する場合はコチラから
※土壌処理用の薬剤はコチラから


ご自身で噴霧する場合はお近くのホームセンターなどに置いてある噴霧器を購入の上、散布して下さい。噴霧器はこちらからも購入できますので参考にして下さい。

シロアリ対策・防除のターミダンシートのお問い合わせ・ご相談

お問い合わせ・ご相談は、お電話またはメールフォームにて承っております。お気軽にご連絡ください。

メールでのお問い合わせにつきましては、回答をさしあげるまでにお時間をいただくこともございます。お急ぎの場合はお電話にてご連絡くださいませ。

ターミダンシート取り扱いのワイズイノベーションへの電話番号

お電話でのお問い合わせ

[受付時間]平日 9:00~16:30 土日・祝日定休

メールフォームはこちら